猫のホテルオフィシャルブログ ネコホテノート

出演情報
≪猫のホテル≫
e+チケット情報はこちら≪

≪千葉雅子作・演出・出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪中村まこと出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪市川しんぺー出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪森田ガンツ出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪いけだしん出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪佐藤真弓出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪村上航出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪池田鉄洋出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪岩本靖輝出演≫
e+チケット情報はこちら≪

暑中お見舞い申し上げます。
千葉です。

夏休みですかね。
駅や電車でバカンス風の旅姿の方々をよくみかけます。
大きな荷物を持って。
われわれも千秋楽を明日むかえたら、
祭りのような芝居のバラシ。
そして大荷物を持って、日常に舞い戻るのです。
いよいよ明日、明日が千秋楽か。

今日は14時と19時30分です。
明日は13時と17時です。

このところ、毎日毎日、朝から晩までみんなと一緒。
七味まゆ味さんや川本ナオトくんと松本D輔くんという
若者たちがいてくれて、
昔を思い出すことが多いのです。
劇団をはじめて、アゴラ劇場やスズナリで、
一喜一憂しながら芝居に取り組んでいました。
酒もよく飲みました。
あれから20年近くが過ぎていったわけですが、
同じように、芝居にただひたすら取り組む日々があるのは嬉しい。
時間は過ぎゆくばかりですから、
人間の体の変化はどうにもふせぎようもない。
いまが大事です。
たとえばオリンピック選手のメダリストが4年後に、
たった4年後におなじスピードで泳いだり走ったりできないのを見ると、
あっと言う間の4年で!?
と思うけれど、
人間の体の変化はどうしようもない。
昨晩、わたし、芝居の終盤でのどがからっからに乾き、
咳き込みました。
気管支、確実に砂漠化がすすんでます。

毎日ハプニングがあってこそのライブ。
今日、明日の4ステージ。
気管支対策を考えなくちゃ!

みなさま、
ご来場いただいたかたも、これからというかたも、
御礼の気持ちでいっぱいでございます。

今日も一同心よりお待ちしております。

岩本くんも待ってます!!

千葉雅子
2014-08-02 09:14 この記事だけ表示
8月ですね、どうも千葉です。

「愛さずにはいられない」は7月29日から始まり、
8月の3日で千秋楽です。
夏祭りのような日程です。
気持ちは十分盛り上がってきました!
幻のような空間。
東京の東。
下町情緒あふれるすみだ川。
きれいなスカイツリー。
錦糸町は夏真っ盛り!
日本全国どこもですが。

今回のお芝居は、新鮮な客演陣とほぼフルメンバーでおおくりしています。
ちょっと従来よりは長めの二時間弱。
1時間59分から58分の芝居となっています。
夜は19時30分開演なので、
終演は21時30分ごろ。
いらしていただいたお客様となかなかお話できずにいるのが申し訳ないです。
ご来場いただいたお客様に心より御礼申し上げます。

昨日は今回欠場の岩本靖輝くんが見に来ましたよ。
やっぱり、全員がそろうとほっとしますね。
いつもの笑顔が嬉しい。
彼がもし出演できたとして、
「愛さずにはいられない」の登場人物だったら、
どっちのタイプだったろうと考えます。
ご覧になっていない方にはどっちって何?ですよね。
今回の芝居、貧民窟を舞台に小さな社会でふてぶてしく生きる人々が登場します。
大きくわけて二つのタイプの人々がジタバタする3日間の物語。
よろしかったら、そんな物語を味わいに、
いらしてくださいませ。

当日券も出ていますし、
皆様方、お入りいただいています。

お待ちしております!

千葉雅子

2014-08-01 11:33 この記事だけ表示
おはようございます。
千葉です。

「愛さずにはいられない」二日目が過ぎまして。
あと四日間なのでございます。
あと四日しかないのです。
ねぶた祭りみたい。
今週わーっとかけぬけるんですよ。
毎回当日券は出てまして、確実にお入りいただけてます。
暑い毎日、錦糸町からちょっと歩くんですが、スカイツリーが綺麗です。
公園もありますよ。
ロビーでお茶やお菓子も販売してますんで。
どうぞ、いらしてくださいませ。

さて、今回のすみだパークスタジオ倉。
ここだけの話、
いろいろと面白いつくりになっていまして。
楽屋がちょっと遠いんです。
なので、仮設楽屋を設けまして。
荷物を持って本番前にあちこちに移動するわけです。
あ!あれあっちに置いてあった!とか、
持ってくるんだった、あれ!とか、そんな声があがります。
また、本番中、着替えに戻ったときがスリリング!
進行している芝居の状況がまったく見えないんです。
仮設の楽屋だから。
自分の出番まで感を頼りに着替えをすませ、劇場ウラ入り口まで走る!
服の脱ぎ着の緊張感がたまりません。
ボタンひとつひとつに力が入ります。
ひとつ手間取ると、出とちりにつながっていきかねませんから。
スリリング!

昨日は二日目。
やはりなまものの舞台。
ハプニングもありまして。
毎回毎回、違うものですね。
演劇というのは、一回一回がちがう作品なんですね。
お客様といっしょに、創り上げるものでありまして。

今日も皆様方をお待ちしておりますの。

14時と19時30分から。
ツーステージです〜!!

千葉雅子
2014-07-31 07:55 この記事だけ表示
おはようございます。
千葉です。

「愛さずにはいられない」
新作が始まりました!
幕が開きましたよ!

お花やお祝いをありがとうございます!!
ロビーが華やかでございます〜
みなさまのお気持ちに感謝なのでございます!!

七味まゆ味さんと川本ナオトくんと松本D輔くんとわれわれ。
錦糸町のすみだパークスタジオ・倉でのあと5日間。
下町風情が培った、任侠と人情の世界を花火にように打ち上げます。

よかったらいらしてくださいませ!

千葉雅子
2014-07-30 10:08 この記事だけ表示
初日なのでございます。
「愛さずにはいられない」新作なのであります。
どうも千葉です。

いよいよこの日。
猫のホテルの久々ほぼフルメンバーと
柿喰う客の七味まゆ味さんと
川本ナオトくんと松本D輔くんと。
岩本靖輝くんはお休みですが、
10名の布陣でおおくりする猫のホテルの新作。
24年めにして、錦糸町に出て来ましたよ。
とはいえ、
昔はこの町で稽古していたこともあって、懐かしいですわ。
松重豊さんに出演していただいた「電界」は錦糸町で稽古してました。
あれも夏だった。
松重さんの芝居への真摯な取り組み方に、うなっていました。
すごいなあ〜と。

そしてこの夏。
とってもフレッシュな方々をお迎えして、
純粋かつ素直な姿にうなっています。
うつくしいなあ〜と。

初日からシックスデイズですべて消え去る芝居の運命。
あえて、カタカナで表現しました。
さびしいから。
ほんとに、セミより短いのです。
この作品世界がこの世の中に存在する日々は。
生ものですから。

さあ、よろしかったらいらしてくださいませ!
土曜日の昼は少しになってしまいましたが、
どの日もまだお席をご用意できますので!!

ええ、ええ、いざ、初日なんですの!!

千葉雅子
2014-07-29 06:51 この記事だけ表示
お暑うございます。
千葉です。

梅雨明けですね、関東も。
猫のホテルは「愛さずにはいられない」の初日にむけて稽古です。
今回はほぼ全員。
岩本くんだけ、欠場ではありますが、
劇団柿喰う客の七味まゆ味さんと、
公募からの川本ナオトくん、
松本D輔くんの客演陣もいるので、
にぎやかで明るい稽古場となっています。

みんな、美しいんですよ。
客演の方々。
芸は人なり。
おのれの生きてきた日々が芸となる。
落語界の師匠がたのおことばですが、
人柄が美しいから、たたずまいがきれいなんだなあと思います。
目がほんと綺麗。

見習うべしと思うのです。

そんな日々もあとすこしで初日をむかえる。
そして、始まればあっと言う間。

われわれも正直、年齢をかさねてます。
劇団も人間の年齢でいえば、70歳くらいかなあ。
小型犬みたいなものだからなあ。
あとどのくらいの時間が許されるのか。
セミの初鳴きを聞きながら、時間を思うのです。
稽古日があとちょっとですし。

「愛さずにはいられない」
新作発表までもうすぐ!

心より、東の地、錦糸町でお待ちしております。

千葉雅子


2014-07-23 07:36 この記事だけ表示
梅雨入りしました関東も。
千葉です。

夏らしい暑さから、梅雨寒のこのごろ。
季節はめぐる。
稽古場を出るとひんやりします。
いかがお過ごしでしょうか。

今週は劇団先行の御予約をうけたまわっておりまして、
すでに御予約いただいた方々、
ほんとうにありがとうございます。
これからという方々、
思案中という方々、
猫のホテルならではの芝居を創るべく
一心に励みますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

今回は。
下北沢を飛び出して、
東京の東、
錦糸町にあります、
すみだパークスタジオ倉、
という新天地での公演なのです。
世田谷とは違った町のにおいをまとった広々とした空間ですので、
郷愁あふれる世界をじっくり味わっていただけるようにと思っています。

チラシには、
事前にメンバーと駅から劇場まで歩いてみたルポを、
宇宙レコードの中村たかし画伯に委ね、
それをもとに画伯が楽しく描いた地図が載っています。
歩いて12分くらいのところですが、
スカイツリーを眺めながら、
路地路地に発見があって楽しかったので、
お時間に余裕のある方は、
どうぞお散歩など、
地図を片手に、
と思っております。

そして今回は。
総勢10名での芝居。
なんといっても劇団柿喰う客からの七味まゆ味さんの参加が嬉しい。
さらに、少年役オーディションという初の公募で、
川本ナオトくんと松本D輔くんが参加。
それはそれはとても新鮮なのです。

劇団も気がつけば24年目。
猫のホテルの芝居が創りたい。
ならではの芝居が。

稽古場では。
ウォーミングアップとして、
しりとりゲームを織り交ぜたボール運動をしています。
これが、けっこう難しい。
最後に、ん、がつくものしか浮かばない時がある。
そこでやりなおし。
あたまをくるくる回転させないと。
りんご→ごま→まんとひひ。
これ、わりと多用されるんです。
マンネリ打破したいと、思った矢先に、
貧民、とか言っちゃう。
言葉って打算があるとすんなり出てこないものですね。
いや、頭の回転の問題ですかね。

まわりまわって、年を数えてしまうのでした。

52歳。
励みます。

先行御予約は、本日まで。
nekohote.comまで。

千葉雅子








2014-06-08 09:54 この記事だけ表示
6月ですね、千葉です。

速くも一年の半分になろうかとしています。
春が速かった。
楽しかった。
「青年Kの矜恃」という大森美香さんの作品を、
頼もしい、楽しい、愉快な面々と上演できたこと。
あっと言う間の日々でしたが、忘れがたい日々となりました。
LAUSUさんに感謝です。
外部で演出と出演しました、というよりも、
ひとつのチームでひとつの芝居を創ったという爽快感がありました。

さて、これからなんですが。
7月の29日から8月の3日まで、
いよいよ猫のホテルの新作公演がひかえているんです。
「愛さずにはいられない」という新作。
ひさびさのほぼフルメンバー。
中村まこと、森田ガンツ、市川しんぺー、
佐藤真弓、千葉雅子、
村上航、いけだしん。
残念ながら、岩本靖輝くんが今回お休みですが、
ひさびさのほぼフルメンバーなんです。
さらに。
劇団「柿喰う客」から七味まゆ味さんを客演にむかえます。
若いのに懐ふかい、おおらかな人柄で、
舞台での迫力が目にやきついてはなれない。
すてきなひとです。
稽古はゆっくり始まっていますが、
七味さんの存在が刺激となっているようです。
女性陣が少なめな猫のホテル。
今回は彼女の存在によって、
男と女の、
女と女の、
ドラマがさらに燃え上がることになるでしょう。

そして。
劇団初の公募によるキャストも!
川本ナオトくんと松本D輔くん。
彼らの存在がまた新鮮!!
素直な二人の芝居が、稽古場に新風を吹き込んでくれています。
はたして、どのような世界ができあがるのか。
おじさんたちが彼らをどう料理するのか。
20代がいる稽古場は、
あたかも限界集落に希望の光が射したように、
心躍るものがあります。

真夏の新作「愛さずにはいられない」
どうぞ、たくさんの方々に見にいらしていただきたい。

一同こころよりお待ちしております。

千葉雅子

2014-06-06 11:34 この記事だけ表示
桜が咲いた。
千葉です。
春がやってきましたね。
温かい日も多くなりました。

そんな春の花曇りの夜。
新作リーディングの会の第五夜を開催しました。
東電OL事件を題材に、一本の芝居を創るべく、
アイディアを思うままに短編として書いて、
奇数月の一夜、会を催し発表しています。
題材は同じでも、毎回違った角度から迫り、
一話完結の物語をメンバーとともに朗読します。

その五回目の夜。
今回は本番中や稽古中の仲間もいて、当日の参加者は、
中村まことくん、森田ガンツくん、
佐藤真弓さん、いけだしんくん、そして千葉。

そこでゲストに、小川菜摘さんをお迎えして、
総勢6人でおおくりしました!!

初めて、女性主体でたっぷりと!!

真弓、小川さん、千葉の掛け合いに、
男性陣が折に触れあらわれる!!

お楽しみいただけたでしょうか。
私は楽しんでしまいました。

いままでは、当事者の周辺の話でしたが、
いよいよ当事者に視線が注がれてきました。
しかしまだまだ、ほんの断片。
もっともっと、迫っていきたいと思っています。
1年か2年か、どれくらい先になるかわかりませんが、
一本の芝居にして上演したいと考えています。

しかし、昨夜は500歳の会の仲間でもある小川さんとのリーディング。
第二部は即興芝居ゲームの数々。
嬉しいお客様にも来ていただいて。
再会を喜びました。
笑いの絶えない、稽古場や控え室、本番と。
楽しい時間はあっと言う間でした。
進行をもっとテキパキしなくちゃいけないな、とか、
小道具をもっと洗練させていかなきゃな、とか、
次回への反省もありますが。

小川さんに、また出ていただけるように、
がんばろうと思うのです。

そして、会場にお運びいただいたお客様。
ありがとうございます!!!

そしてそして、
いよいよ4月。
夏の公演にむけて、おー!!

千葉雅子
2014-03-28 17:48 この記事だけ表示
雪が降って、明けて雪景色の日曜日。
2月もなかばに入りますねぇ。
おはようございます、千葉です。

昨日は雪の中、
お子さんたちがはしゃいでいる声が聞こえていました。
雪国の方々にお叱りを受けるかもしれませんが
やわらかな雪が降り積もるなか、
いい歳したわたしも
さくさく歩いてみたりして。
喜んだりして。
白いってきれい。

2月らしい日々。

劇団は初のオーディションにむけて、準備中です。
7月の新作公演「青い門(仮)」では
初めての小屋、
すみだスタジオパーク倉で、
久々にほぼフルメンバーで、
(岩本靖輝くんは今回はお休み)
また、素敵な客演の方、オーディションで出会った方と、
真夏にふさわしい、
泥臭い世界のなかで、
業を背負った人々が躍動する、
人間の祭典のような芝居をぶちあげたい!
と思っています。

泥臭く、アクの強い連中のなかで
しなやかに若き血潮をたぎらせる。
愚か者の聖地で育てられた若者が、
やがて重い扉を開くまでの日々。
そんな若者の無垢で素直な本質を感じさせる方。
若い力がみなぎってる方。
猫のホテルのメンバーの
さまざまなアクの強さ、
秘めた熱情、
大人げないおかしみ、
に興味をもっていただける方。
経験は不問です。
もちろん経験者の方も。
まずは、出会いたいのです。
この夏、ともに芝居を創っていきましょう。
チケットノルマなどをいただきません。
ともに創っていこうという気概を望みます。
なにしろ劇団初の公募による出会い。
一同出会いをまっさらな気持ちで、
心待ちにしています。

公募の詳細はnekohote.comまで。
応募書類は2月21日(必着)までです。

どうぞよろしくお願いします。

千葉雅子





2014-02-09 10:33 この記事だけ表示