猫のホテルオフィシャルブログ ネコホテノート

出演情報
≪猫のホテル≫
e+チケット情報はこちら≪

≪千葉雅子作・演出・出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪中村まこと出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪市川しんぺー出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪森田ガンツ出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪いけだしん出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪佐藤真弓出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪村上航出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪池田鉄洋出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪岩本靖輝出演≫
e+チケット情報はこちら≪

いかがお過ごしですか、千葉です。

9月になりましても、まだまだ暑い日が続いていますね。
しかし、秋はまだまだと思っていられません。
われわれ猫のホテルの新作公演が11月にせまってきました。
いまはその準備段階でして、あれこれと進めております。

チラシができました。
写真をブログにのせることができないので、
劇場などでの折り込みで見ていただくほうが早いかも知れません。
青い色してます。
タイトルはこんなかんじです。

「峠越えのチャンピオン」

いかがでしょうか。

11月8日からスズナリで。

こつこつこつこつ、創りまっす!
ガンツさんの誕生日も、陰ながら祝いながら。

千葉雅子
2012-09-14 16:43 この記事だけ表示
感謝、感謝の千葉です。

ついに。
劇団500歳の会。
無事に千秋楽をむかえられました。
全員、東京から北海道、北九州、大阪、そして福井とかけぬけ、ゴールしました!
応援いただいたお客様、ほんとうにありがとうございます。
みなさまのおかげです!!
80年代の演劇を、50になる人間ばかりで・・・。
当初は不安もありました。
若くないのにと。
でも、若いとか若くないとか関係ありませんな。
こんな芝居を見て、演劇を始めたんだ。
そんな思いをあらたにして、50歳。
猫のホテルという故郷に戻ります。
まだまだ、やりたい。
やりたいこといっぱい。
面白い同級生がいっぱいいるんだぜ。
大人の修学旅行を終えて、思い出もいっぱい。
笑った笑った。膝も笑った。ちょっぴり泣いた。
おじさんとおばさんではしゃいじゃいました。
すみません!!
お客様がた、スタッフのみなさん、土地土地の親切な方々、キャストのみんな。
みなみなさまに心より御礼申し上げます!!

さあ、もうすぐ峠だわ。

千葉雅子

2012-08-25 12:12 この記事だけ表示
おはようございます、千葉です。

500歳の会、「いつか見た男達〜ジェネシス」無事、東京公演は楽日をむかえられました。
ご来場いただいたお客様、応援していたいだいたお客様、きびしいご意見をいただいたお客様、
ほんとうに心よりありがとうございます。
50歳になって、このような舞台に挑戦できること。
ほんとうにありがたき幸せです。
まだまだまだ、恥ずかしながら、どうにも未熟者でありますが、
いつかはきっと皆様に良い舞台をお見せできるように、
身体にむち打って、進みます。

われわれ一行は、これから大人の修学旅行にでかけます。
まずは北海道。
喧嘩しながら、札幌の街を騒ぎ歩く中高年を見かけたら、それはわれわれかもしれません。
北海道のみなさまに、この500歳の会が楽しんでいただけるのか、ドキドキです。

昨晩は食事中に下唇の内側を噛んでしまいました。
何かに気もそぞろ・・いや、気持ちが後ろ向きの時によく下唇の内側を噛んでしまいます。
きっと、前歯に対して唇が弱気になっているのでしょう。
がんばれ唇。
唇よ熱き心を語ってくれ。

千葉


2012-08-08 09:52 この記事だけ表示
元気ですか、千葉です。

連日、本多劇場で大はしゃぎ三昧の暴れ太鼓公演。
それも今日、明日、明後日のみ、となりました。
東京は。
今日は、14時のみ。
(ふしぎねえ〜)
明日は13時と18時。
(土曜日、ツーステージ!)
明後日は13時のみ。
(東京楽日だわ)
明後日は、楽日なので混み合うことが予想されますんでね。
今日、明日がおすすめですよ。
50歳のおじさん・おばさん、はりきってます。
ひざが笑うほどほどふざけてます。
アンチエイジング芝居。
ぜしとも、お見逃しなく。
暑気払いにいかがでしょうか。

本多劇場、下北沢にてお待ちしております!

見にいらしてくださった方々、ありがとうございます〜
あたたかいお客様に支えられながら、今日もぱーぱーいきますんでね。
「いつか見た男達〜ジェネシス」
劇団500歳の会
本日14時から。
夏休みのちびっこもおいでよ。
君らからしたら、じいさんばあさんかもしれんが。

千葉雅子


2012-08-03 10:39 この記事だけ表示
おはようございます、千葉です。

8月になってますわ。
夏本番ですね。
五輪の熱戦、街場の熱気、暑い夏ですね。

そんななか下北沢は本多劇場までおこしいただいたお客様。
ほんとうにありがとうございます。
劇団500歳の会。
「いつか見た男達〜ジェネシス」
本日、14時と19時。二回公演です。
本日から4日(土)まで、当日券などご用意しておりますんで。
50歳のアホほどはしゃぐ姿を、どうかどうか、見届けてくださいませ。

ところで。
そうめんは食べました?
すいかはどうですか。
花火はやりました?
夏まつりにいきたいね。
あ、本多劇場では50歳のオンパレード。
祭りです。

千葉
2012-08-01 09:13 この記事だけ表示
あけました、千葉です。

開幕しました。ロンドンも、下北沢も。
こちら500歳の会。
初日をむかえられることができました。
いらしてくださった方々、これからいらしてくださる方々
ありがとうございます!!
見ようかな・・って思ってくださる方々、暑いしなあって躊躇してる方々も
もう、ほんとうに、良かったらいらしてくださいませ。
合わせて500歳の面々が、ふざけまくって、大まじめにはしゃいでます。
本日は13時から。
昼公演のみです。
明日は19時から、夜公演のみです。
いかがでしょう、下北沢でおまちしてます。

千葉雅子
2012-07-29 09:32 この記事だけ表示
夏休みですかね、千葉です。

こちらは劇団500歳の会。
「いつか見た男達〜ジェネシス」
稽古最終日です。
80年代演劇の回顧でもあり、今を生きる50歳の苦い思いでもあり、
アンチエイジングへの挑戦でもあり、逆境というドラマへの愛でもあり。
おじさんとおばさんが無茶とふざけを汗水ながしてやっとります。

さまざまな境遇に生まれ、逆境を背負って生きる奴ら。
北関東逆境会と称して、群馬の高校でくすぶっていた。
ヘイヘイぼんぼんな家庭の子に寄りつかれ、良い家庭の子にもてあそばれて、
逆境演劇を演じたりもする彼ら。
ところが女で失敗した奴らはあっけなくバラバラに。
それから30年が過ぎて。
ある日それぞれに、差し出し人不明の手紙が届く。
それがバイオレンスの幕開けだった・・。

7月28日から本多劇場で。
出演
渡辺いっけい
山西惇
深沢敦
中村まこと
千葉雅子
金井良信
小川菜摘
宇梶剛士
池田成志
荒谷清美

原作
松原敏春
監修
佐藤B作
脚本
千葉雅子
演出
福原充則

東京は8月5日まで!

千葉雅子



2012-07-24 10:17 この記事だけ表示
涼しいですね、千葉です。

高原にいるかのような朝です。
旅に出たいですな。
師匠と。
あの、宣伝はご覧になりましたか。
猫好きにはたまりませんなあ。
猫の師匠と弟子が海を行く旅行誌の宣伝。
なんでこんなにも猫が好きなのか。
猫好きと劇団名はまったく関係ないのですが、
ほかの動物の名前だったら、続いていないかもしれないなあ。
馬とか猪とか栗鼠とか。
あんまり興味ないものなあ。
「劇団馬のホテル」
藤田まことさんを思い出しちゃうなあ。
50歳だから。
あ、50歳の人々の演劇、稽古稽古稽古です!
みんな全力で芝居に立ち向かい中!
7月28日、土曜日14時から。
その土曜日は昼公演のみ。
この芝居、ツーステージは無理かもしれない・・・。

千葉雅子
2012-07-21 09:35 この記事だけ表示
元気ですか、千葉です。

駅で財布を忘れたことに気付き、引きかえす時のやるせなさ。
そんなことを何回も続けています。

劇団500歳の会。
一回きりの、打ち上げ花火。
だって、全員まとめて500歳である状態が一年もないのですからね。

昨日は500歳のひとたちが、いろんな衣装を着ました。
いろんな学ラン姿をながめて、またまた学園気分になってしまいました。
衣装は制服だけではないんですが。
ひとそれぞれ、ものすごく似合う種類の服があったりで、面白い。

あ、昨日成志さんがまた「やそちん」と呼んでた瞬間を目撃。
これが50歳の現実だった。

50歳の方々、ほんとどうしてますか?
劇場で物忘れのことなど、話しませんか。
待ってます。

千葉雅子







2012-07-19 11:01 この記事だけ表示
夏ですね、千葉です。

台詞ってなんなんでしょう。

紙の上の文字が、さかのぼれば脳内のイメージが、
ひとりの役者さんが口にすると、
たったひとことが千の顔を持ってあらわれる。

なんかすみません。
青年のようにまっすぐに思ったことを。
壮年なのにね。

昨夜は通しました。
始めから終わりまで、通して演じてみたのです。
2時間10分弱だったような。
まあ、2時間の芝居になるのではないでしょうかね。
稽古をかさねてね。

稽古中もそうだが、
稽古後もみなが提案したり、考えなおしたり、意見交換したり。
尋常じゃない量の汗を流したあとでも、なかなか帰るものがいない。
いいぞ。
壮年なのに、青年の輝き。

稽古場の建物のつくりが学校風なので、
青春的な感情がわいてくるのか。
つい学園もののなかにいるような気がしてしまう。
校舎を前に立つ小川菜摘さんの笑顔にジーン。
広場にたたずむ福原指揮官の横顔にジーン。
近所の弁当屋から流れてくる揚げ物の香りにジーン。
私は壮年なのにね。
おかしいね。

80年代と言えば、バブル経済に突入したころ。
日本の経済が右肩上がりに上がってた。
だれもが自信満々にマチを歩いていたね。
そのころの芝居なのだ。
まずは生きるエネルギーに満ちていなければ、な。

食べるか。
なんか、こう、噛まなきゃ飲み込めないものを。

きょうは衣装を合わせる。
果たして学ランにセーラーなのか・・・。

十代のみなさん、着方を教えてください。
だから、見に来ませんか。

千葉雅子









2012-07-18 11:05 この記事だけ表示