出演情報
≪猫のホテル≫
e+チケット情報はこちら≪

≪千葉雅子作・演出・出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪中村まこと出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪市川しんぺー出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪森田ガンツ出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪いけだしん出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪佐藤真弓出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪村上航出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪池田鉄洋出演≫
e+チケット情報はこちら≪

≪岩本靖輝出演≫
e+チケット情報はこちら≪

さらば「姐さん女房の裏切り」の日々[千葉 雅子]
年の瀬もせまりつつありますね。
千葉です。

おかげさまで、
土田英生さんとの舞台製作事業として2013年より立ち上げて、
「姐さん女房の裏切り」という二人芝居の、
五都市ツアー千秋楽をむかえられました。

心より御礼申し上げます。

猫のホテルの活動の一方で、
同じように四半世紀の間、劇団活動を軸にして、
芝居創りに励む先輩演劇人、
頼もしい土田英生さんと二人芝居にじっくり取り組めた事。
それはそれは、おもしろく、たのしく、ありがたく、
幸せな日々でした。
ひとつの作品を、
しかも二人芝居という長距離マラソンのようなことに、
二年にわたって取り組めた事も刺激的だった!
長い期間のなかでじっくり作品と向き合うことの喜び。
シンプルでありながら、さまざまな感情の起伏をはらむ芝居。
この作品(作・土田英生)の奥深さに敬服しました。
最後の最後まで発見があったり、
終わった翌朝も、「あの台詞、こう言うべきだったか!」
とふと考えたりします。
東京公演のあと、
金沢、長久手、北九州、伊丹、広島。
と劇団ではなかなか訪れることのできない街で
上演させてもらったのも贅沢なことでした。

この二年間は、
芝居創り、作品創りへの考えが改まる経験でした。
自分の老い、体力不足、関節のきしみなどなど
不安要素も多いなか、
付き合っていただいた方々に感謝!!
土田さん殴ってごめんなさい。
もちろん芝居のなかでですが!!
向こう脛も蹴りましたし。
姐さんなのでね。

しかしほんと、
土地土地の風景、酒、名産品なども思い出深く、
最終日には、
関係者がひとりひとりと去っていくその後ろ姿に、
芝居ってものはつくづくあとかたもなく消える夢だなぁと
しみじみしました。

みんな次へと向かっていく。
さらば「姐さん女房の裏切り」。
またいつか会おう〜。

千葉雅子



2014-11-13 10:35 この記事だけ表示